糖尿病食の調理と食べ方のコツ

>

パッケージが決め手

保存期間の長さで安心

ある通販の届いた食事は、密封した袋にはカロリーや塩分が必ず記載で、袋に切り込みを入れ電子レンジで温めるタイプの食事で作り方は簡単です。
袋ごと冷凍のままで電子レンジでチンすると時間がかかるかもしれません。
保存期間が長く、食べたい時に電子レンジで調理できるのは選び易いことになり、保存してある安心感で毎日食事の不安がなく気が楽です。
糖尿病を患っている場合は、インシュリンや投薬や薬の飲む時間なども指定された時間内に行い、規則正しい生活習慣や食事が必要です。
時によっては交感神経症状があらわれ低血糖症状を起こしたり、医師からもその時のためのブドウ糖を渡されて持ち歩き、血糖値を管理しながら薬の効き具合で決まった時間に食べないわけにもいかない病気です。
食事がそのまま命の維持にも関係するもので、健常な人が考えるより、長くかなり大変な生活だと知ることも必要です。

糖尿病の人の食事

糖尿病の食事療法は、毎日の適正なエネルギー量を厳守し続けることで、血糖値の上昇を抑えて合併症の進行を抑えることも考えられます。
医師の指示に従って、摂取カロリー等もきちんと管理することです。
その範囲内において、一日に3度の食事量はほぼ均等な量にします。
2食などにして、夕食に偏って多く食べてしまうと、投薬による食後の血糖値の上昇を抑えることにも差し使えます。
肥満の原因にもなり易くなります。
目安の比率は、炭水化物が半分から6割で、タンパク質は2割以内で、脂質は3割程度です。
血糖値の上がり易い食品は、白米やパンや麺類等の主食や、果物や菓子類や清涼飲料水や白砂糖等の炭水化物の糖質にあたります。
長期間の食事療法の継続が必要なので、バランス良く考えていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る