糖尿病食の調理と食べ方のコツ

>

長期なので送料無料にできる購入方法

シンプルに食材を選んで

糖尿病の食事療法での適量をきちんと把握して、良質の油に限って摂取するようにします。
肉や乳製品や卵に含有される脂肪は飽和脂肪酸が多いので動脈硬化の原因のLDLコレステロールを上昇させる可能性があります。
魚に含有されるDHAやEPA等のオメガ3脂肪酸や、良質のオリーブオイル等は必要です。
食物繊維は、1日に20グラムを特に摂取しましょう。
食物繊維は満腹感にも関係し、消化吸収を緩やかにお通じも良くなり、血糖値が上がるのを抑える働きも。
間食はできるだけ控え、食べる場合は昼食と夕食の間に。
ヨーグルトや果物がいいです。
間食をした日は昼食や夕食でエネルギーの調整が必要です。
アルコールやおつまみによって、1日のエネルギー量が心配です。
塩分は控えましょう。

栄養バランス

糖尿病の治療に最適な食材は、キノコ類や海藻類や野菜や押し麦やもち麦などです。
糖尿病の治療の食事の調理のポイントなどは、白砂糖やみりん等の糖質が多い調味料を控えることも必要です。
調味料を使った料理では、糖質の吸収がし易いので血糖値が上昇し易くなります。
和食の蒸し物や煮物を取り入れて、油の使用量を限定して、摂取カロリーのコントロールを念頭に調理します。
野菜を少し固めに茹でたり大きめに切って、しっかり噛んで食べることによるメリットも多いです。
和食のだしをよくきかせて、できるだけ薄味に。
高血圧予防になる減塩には特に気をつけましょう。
酢や柑橘類の酸味を利用して、味に変化をつけると減塩にも有効です。
酢には、血糖値が上がるのを抑える働きと脂肪燃焼等の効果もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る